家族や親しい友人で行う葬儀、家族葬とは

近年増えている家族葬とは、亡くなったことを多くの人に知らせず、家族だけでしめやかに行う葬儀のことで、告別式は行いません。


年末年始の忙しい時期に亡くなったり、後日会社などによる告別式が予定されているなどの理由で行われていましたが、最近は家族や親しい友人でゆっくりとお別れをしたいという思いから、家族葬を希望する人が増えています。
葬儀は、普通の葬儀と同じ流れで行います。

葬儀社に連絡を取る場合は、家族葬で行いたいという旨を伝えておきます。

家族葬は、基本的には家族だけで通夜をすませ、その後、葬儀を行い、火葬するという流れで進めます。

家族だけで行いますから、世話役など必要ありません。

基本的に、密葬では弔問は行いませんが、弔問に訪れた人がいた場合は、弔問を受け付けていない旨を伝え、丁寧にお断りします。

葬儀に関する情報満載のサイトです。

家族葬後、供物や供花が送られてくることもあります。


そのような時は、お礼状などを送るなどしてきちんと対応します。



供物や供花を望まないときは、その旨をあらかじめ死亡通知に記入しておきます。
家族葬は、ゆっくり故人とお別れをしたいという思いから行われるので、誰に家族葬の連絡をするかを決めるのは難しいことです。

生前、故人から聞いている場合は別ですが、家族が決める場合は、ごく少人数で努めるようにしましょう。

生前、故人と親しくしていた人の中には、最後のお別れができず辛い思いをする人もいます。

そのような人のために、後日改めて告別式やしのぶ会を開くこともあります。



その場合は、遺族が落ち着く時期や準備期間を考えて開くようにしましょう。