自由な葬儀で送るなら

従来まではお坊さんにお経を読んでもらい、参列者がお焼香するというのが葬儀でした。
しかし、最近ではもっと故人らしさを演出した、自由な葬儀をしたいという人も出てきています。

お手軽な葬儀を「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

代表的なのは故人が好きだった音楽をかける音楽葬などですが、その他にも生演奏をしたり、ビデオを流したり、などの方法もあります。要は故人を最高の形で送ることができれば良いのです。



無宗教で行うケースがほとんどですが、仏式でもお坊さんがアレンジを認めてくれるならばある程度は自由に行えることもあるようです。

注意点としては、自由にできるということは内容も自分たちで新たに決めなければいけないということです。しきたりに従った葬儀と違い、流れが把握しづらいので初めて参列する人は戸惑う可能性も高いです。

また、儀礼を重んじる人にとっては、自由葬は不謹慎と感じる人もいます。
自由葬をするのならば、必ず事前に周囲への理解を求めておきましょう。

自由葬は遺族にとっては決めなければいけないことが増えるので、負担がかかります。

しかし、労力を厭わないのであれば故人にとって最高の葬儀になるでしょう。また、自由葬に参加した人たちのほとんどが、普通の葬儀よりも印象に残る式だったと言っています。



まだ自由葬はそれほど多くありませんが、形式にとらわれない考え方が広まってくれば、希望者も増えてくる可能性があります。手作りで故人の思い出を表現して、最高のお見送りをしましょう。