最近の葬儀で多い直葬

最近では、葬儀をせずに火葬のみを行う直葬を行うケースも増えています。


直葬は密葬とも家族葬とも異なります。選ぶ人の理由で多いのが、故人が高齢者で呼べる人がほとんどいない、親族がほとんどいない、葬儀の費用や負担をかけたくない、故人や喪家の意向、などです。

直葬というと手抜きの葬儀というイメージがありますが、決して心がこもっていないわけではありません。
直葬はお寺のお坊さんに読経をあげてもらう必要がないので、無宗教の場合にも使われます。
考えておきたいのは、葬儀に参加してお別れを言いたかった人がどう感じるかです。
親族や知人に対して、どのように対応するのかを決めておく必要があります。

葬儀の人気度が上昇しています。

直葬は手間がかからないというイメージがありますが、火葬を済ませた後に焼香をさせて欲しいという人たちが訪れて、かえって手間がかかったというケースもあります。

まずは誤解されないように、なぜ直葬で済ませたのかを伝えておくようにしましょう。



親戚関係だけならば、後日お別れ会のような形で集まるという方法もあります。
一番大切なのは家族が納得できる形で故人を送ることですが、親戚や友人の中には形式にこだわる人もいるでしょうから、そういう人に対しては必ず納得できる理由を伝えておくことが大切です。

最近では故人が遺族に負担をかけたくないからと、あえて直葬で済ませるように指示することもあります。
最近の葬儀は昔とは違ってきているということがわかります。