音楽専門学校で何を学ぶのか

音楽専門学校で何を学ぶのか

将来、音楽を職業として生きていきたい、あるいは音楽に関わる仕事がしたいと思ってはいても、具体的に業界がどんなところで、どうやってその世界に入っていくのかは、最初から誰もが知っているわけではありません。

あるいは、ステージやスタジオで演奏するプロのミュージシャンになりたいと思っても、どうしたら良いのか、その答えは一つとは限りません。音楽専門学校では、そういった悩みや疑問についてひとつひとつ学んで行くことができ、卒業後にそのまま業界に入った時、即戦力として活躍できる人材を育成しています。

音楽業界と一言で言っても、華々しいステージの表舞台に立ついわゆるミュージシャン系の仕事、それを陰で支えるイベント系のスタッフワーク、ビジネスを裏で支えるオフィスワーク、さらに楽器や機材に関わる職人系まで、さまざまな仕事があります。

専門学校に進みたいと考えた時、まずはこれらのどの分野で活躍したいのかを決める必要があります。

将来を見据えた選択が求められるわけですが、そもそも専門学校に進学する年代で、人生の選択に間違いがない、ということはほとんどありません。あまり深刻に考え過ぎず、その時なりの結論さえ出ていれば、あとは前へ進むだけです。
専門学校では、文字通り専門的な分野について、現場のノウハウを元に基礎から応用までをしっかり学ぶことができます。さらに、業界への就職率も高く、しっかり学んでそのまま社会へ出るというプロセスをスムーズに辿れるので、大きなメリットがあります。

You Might Also Like

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *