音楽専門学校の偏見と現実

音楽専門学校の偏見と現実

音楽専門学校と聞けば、多くの人は芸能人やアーティストを目指してトレーニングを積む学校をイメージするでしょう。

そして、そういう華やかな世界を目指す学生を育てる学校に対し、
抵抗感を持つ人も少なくないのではないでしょうか。

デビューできなかったからどうする、とか、在籍する学生が派手な身なりでけしからん、とか、学校なのに一般常識を教えない、とか、様々な意見があると思います。

しかし、その多くは偏見で、実情とはかけ離れたイメージなのです。

まず、音楽専門学校の卒業後はデビューできるか否かしかない、というのが間違いです。

音楽を勉強していれば、アーティストでなくともプロの演奏家として、バックミュージシャンとしての活動、あるいは楽器店への就職、
音楽専門学校の講師、ライブハウスやイベント会社のスタッフ、など様々な出口が用意されていますし、最初からそちらの道を志す学生もたくさんいます。

また、プロであるか否かに関わらず、音楽や芸能の業界は他のどの世界よりも礼儀やマナーに厳しいので、
専門学校に在籍している間に人間教育が徹底的に施されます。

通う学生が派手なファッションに見えるかもしれませんが、彼らは学校で社会人として必要な常識やモラルを厳しく教わっているのです。

さらに、学校によっては音楽業界以外の業界とも繋がりを持って一般就職を支援してくれる学校もあります。

音楽の技能や知識を身に付けたからといって、その業界しか目指せないというのも、大きな誤解なのです。

You Might Also Like

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *