ギターの音楽専門学校を選ぶ基準

ギターの音楽専門学校を選ぶ基準

商業音楽が日本で一大ビジネスとなって以降、ミュージシャンになりたいと考える人達の技術習得を目的として

さまざまな音楽専門学校が開校されました。

中でも現代音楽において欠かせない楽器と言えばギターと言えます。

特にエレキギターに関しては、1980年移行に国内外を問わず天才的なギタリストが多数輩出されました。

それに伴って様々なテクニックも開発され、
こうした技術を身に付けることも目的の一つとして音楽専門学校が増えたとも言えます。

ギターの音楽の専門学校を選択する基準としては、まず自分が技術を身に付けた後にどの業界に入りたいかによります。
例えばロックバンドなどを結成したデビューすることが目的であれば、企業が主催する音楽学校を選択すると良いでしょう。

技術的なことはもちろん、メジャーデビューにはスター性や知名度が非常に重要です。

企業主催の学校は常に情報を親会社に報告しますので、学校で常に自分たちの存在をアピールすると効果的です。

次にテクニックを身に付けたいのであれば、有名なギタリストが頻繁に訪れる専門学校を選ぶと良いでしょう。

最近はプロギタリストが名誉社長のポストについて、定期的にクリニックと称されるライブ講座を行う傾向にあります。

実際にプロの技術を体感できる良い機会ですし、なによりライブの臨場感を味わうことが出来、将来プロになった際に良い経験となります。

ただしこうした学校は過程が1年ないし2年と比較的短期です。より技術を磨きたいのであれば、音楽大学にチャレンジすることも選択肢の一つです。

You Might Also Like

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *