良い葬儀関係者の選び方

category01

葬儀関係者は大きく分けると、葬儀社、生活共同組合(生協)、自治体、の3種類があります。

葬儀社は専門業者で、全体の約半数以上が利用しています。
中規模〜大規模の業者がほとんどで、地元密着型の経営をしています。


葬儀の内容ほとんどの面倒を見てくれるのが特徴です。
生協は、生活共同組合の組合員を対象にしているサービスです。

一般よりも1〜2割安い料金で行うことが可能です。
式そのものを行うのは葬儀社や互助会です。

葬儀関する情報選びといえばこちらのサイトです。

式の料金体系が明確になっているのが特徴です。農協(JA)などがこれにあたり、農村地区の組合員がよく利用しています。



自治体は、全国の自治体の半数以上が福祉サービスとして行っているものです。



規格が設けられており、安価に行えるのが特徴です。

受けられるサービスは自治体によって異なるので、そこは注意が必要です。東京では死亡届を出す時に遺骨収納券や火葬券がもらえて、指定された業者を利用するとこの券を使って規定料金でサービスを受けられます。
依頼先を決める時には、まず故人が生前契約していればそれに従います。


特別決めていなかったのであれば、遺族が決めます。

亡くなってから式を迎えるまでの日程はシビアなので、時間がないということで慌てて選んでしまいがちですが、そうするとあまり良い担当者に当たらず、納得のいく式ができなかったということになりがちです。


辛いかもしれませんが、身内の死が近いと予測されるのならば、早めに依頼先を決めておくのも一つの方法です。

学ぼう葬儀の事

category02

従来まではお坊さんにお経を読んでもらい、参列者がお焼香するというのが葬儀でした。しかし、最近ではもっと故人らしさを演出した、自由な葬儀をしたいという人も出てきています。...

subpage

葬儀の知りたい情報

category02

近年増えている家族葬とは、亡くなったことを多くの人に知らせず、家族だけでしめやかに行う葬儀のことで、告別式は行いません。年末年始の忙しい時期に亡くなったり、後日会社などによる告別式が予定されているなどの理由で行われていましたが、最近は家族や親しい友人でゆっくりとお別れをしたいという思いから、家族葬を希望する人が増えています。...

subpage

葬儀の知識を増やす

category03

最近では、葬儀をせずに火葬のみを行う直葬を行うケースも増えています。直葬は密葬とも家族葬とも異なります。...

subpage

葬儀の情報分析

category04

通夜から葬儀にかけては、遺族が参列者に対してあいさつする機会が多くなります。基本的には喪主がおこないますが、喪家の中で話すのがうまい人がいれば、その人に代役してもらっても良いです。...

subpage